治療の流れ

「ここが痛い」「ここが苦しい」――。

患者さんが訴える痛みや苦しみの内容は、実に様々、千差万別ですが、当院は、患者さんが「今まさに訴えているその痛み」を鎮める処置を、最優先にしています。

(→「大まかな治療の流れ」へリンク)

痛みを鎮めることを考えつつ、原因も考える

例えば「右の奥歯が痛い」と言ってこられた、初診の患者さんがいらっしゃるとします。

この訴えを受けた歯医者が一体どんなことを考えるかというと、大まかには2つのことを考えます。

まず一つは「どうすればこの痛みを鎮められるだろうか?」ということ。

そしてもう一つは「この痛みは一体どこから来ているのだろう?」ということです。

患者さんはとにかく「今のこの痛みを止めてほしい!」と思っているはずです。

「奥歯のどのあたりが痛いですか」「どれくらい痛みますか」――そんな質問を的確に投げかけながら、1秒でも早く、その痛みを取り除くための方法を考えます。

しかし歯の治療では、痛んでいるところとは違う部分に原因があることもよくあります。

例えば奥歯の痛みでも、歯自体ではなく、歯肉の奥深くで増殖した歯周病菌が原因だったり、全体のかみ合わせが原因だったりすることなどもあります。

痛むところだけ治せばいいとは限らないのです。

「この痛みは何が原因で、一体どこから来ているのか」――そこまで考えながら処置しないと、患者さんの根本的な苦痛はなくなりません。

そこまで考えての治療を提案しますから、安心して受診に来ていただきたいのです。

大まかな治療の流れ

①受付

ここで健康保険証をご提示ください。

②問診票記入

受付で問診票をお渡しします。

どこがどうお悪いのか、ペンでご記入いただきます。

③待機

リラックスした雰囲気の待合室でお待ちください。ですがさほど長くお待たせしません。

④主訴(しゅそ=その時点での「ここが痛い」「ここが腫れている」などの訴え)をお尋ねします

 

まずは問診票に記入していただいた主訴について、いつ頃から、どんな痛みや腫れがあるのか、それが初めてなのか――といったことをお尋ねします。

⑤レントゲン写真を撮影します

レントゲン室に入っていただき、X線でレントゲン写真を撮ります。

歯肉に隠れた部分まで見通せるので、初診の方の8割以上は、この時点でだいたい原因が分かります。

⑥その時点で考えられる原因をお話しします

記入いただいた問診票とレントゲン写真をもとに、考えられる原因をお話しします。

そのうえでどういった治療が必要か、レントゲン写真などを交えながら、丁寧にご説明します。

⑦主訴に対する治療を行います

まずは、患者さんが「痛い」「腫れている」と訴えた部分の処置・治療を行います。

そのことで、患者さんの訴えに直接的にお応えします。

⑧主訴以外の部分の治療にも入ります(※必要性が見つかった場合、後日)

患者さんが「痛い」「腫れている」と訴えた部分だけが治療の対象とは限りません。

患者さんのお口を拝見すると、ほかにも虫歯や歯周病などが見つかるケースが、たくさんあります。

ほかに見つかった悪い部分をご説明し、患者さんの同意が得られれば、その部分の治療も行います。

早く治療を施し、口腔内を健康な状態に保っていただきたいためです。