妊婦歯科検診

妊婦の皆さま、妊婦歯科健診は受けていらっしゃいますか?

 

佐賀県鳥栖市では、妊娠中の女性は誰でも「妊婦歯科検診」を受けることができます。

内容は、虫歯や歯周病のチェック、それに対するアドバイスです。もちろん当院でも受け付けています。

市役所の健康増進課で、「母子健康手帳」と「鳥栖市妊婦歯科健康診査受診票」を受け取れます。

この二つをもって当院にお越しいただくと、無料で検診を受けられます(※注)。

 

お電話で予約していただき、お早めに当院にお越しください。

 

(※注)精密検査や治療は自己負担となり、検診と同じ日にすることはできません。また無料歯科検診については、出産後には対象外となります

妊婦歯科検診が大事な理由

なぜ妊婦歯科検診が必要なの?――そう思う方もおられるでしょう。理由は、端的に言って二つあります。

「妊娠中は投薬治療ができないから」、そして「子どもの歯周病は母子感染が最も多いから」です。

妊娠中は投薬治療ができない

当然のことですね。妊娠中は、胎児への影響を考え、薬はもちろん、お酒やたばこも控えなくてはなりません。

しかし投薬できないということは、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑える手段が一つなくなるということです。

つまり、虫歯や歯周病が悪化するリスクが増えてしまう、ということを意味します。

そうならないよう、妊娠中に歯科検診を受け、ご自分の歯や口にどんなケアが必要なのかを把握しておくべきです。

子どもの歯周病は母子感染が最も多い

歯周病は、大人だけでなく、子どもにも容赦なく襲い掛かります。

そしてその大半は母親が感染源であることが、最近の歯科研究で徐々にわかってきています。

例えば、子どもさんへの口づけ、食べ物の口移し、あるいは口移しでなくても食べかけの食べ物を与えたり、使いかけのはしやスプーンを使わせたり……。愛情から、無意識のうちにこのようなことをしてしまいがちです。

しかしこれだけはぜひ認識しておいてください。虫歯や歯周病は、感染症です。

油断していると、いとも簡単に、母から子へと感染してしまいます。

妊娠中こそ、子どもの健康をよく考える時期

多くの方は、歯やお口の健康のことは、ふだんあまり深く考えていないかもしれません。

 

しかし新たな命を宿した女性の方にとって、健康はもはやご自分だけの問題ではなくなります。

生まれてくる子のために――そう思うはずです。それは女性ご自身が誰よりよく分かっておられるでしょう。

 

つまり妊娠した時こそ、人生で最も健康に気を遣う時期だといえるのです。

そんな時にこそ、ご自身の歯の健康を考え直していただきたいのです。

 

歯周病を持つ妊婦の方は、歯周病のない妊婦に比べて、低体重児や早産のリスクが高いといわれています。

  • 早産のリスクが2.7倍
  • 低出産体重児のリスクが4.03倍

出典:https://kokorokarada.net/magazine/pregnant-tooth/

さらに歯周病の炎症は、血流を介して全身に広がり、様々な病気の原因になることもわかってきています。

 

当歯科医院での妊婦歯科検診では、虫歯や歯周病のチェックはもちろんのこと、子どもさんの正しい歯磨きの方法や、病気がうつってしまうメカニズムなど、様々なことをできるだけ丁寧にご説明しています。

そしてできるだけ子どもさんを病気から守れるよう、歯科医師としてお母さま方の意識啓発に努力しています。

 

これから生まれてくる子どもさんの健康のために、一刻も早く、不安の種はなくしておきたいですね。

これから生まれてくる新たな命のために、当歯科医院がお手伝いします。

 

<これを書いた人>

上田 昭彦(うえだ・あきひこ、Akihiko UEDA)

1955年12月佐賀県武雄市生まれ。いったん理工系の大学に入るも中退し、82年福岡歯科大卒、同時に歯科医師免許を取得。92年歯学博士号を取得(九州歯科大)。同県鹿島市や那覇市での勤務を経て、88年6月に鳥栖市に「うえだ歯科医院」を開き、現在に至る。