訪問診療

あまり知られていませんが、当院では「訪問診療」も行っています。

 

「訪問診療」とは、院長と歯科衛生士が直接お訪ねして、出先で診療させていただくことです。

かれこれ15年ほど実績があり、近年は週3回くらいの割合で、近隣の介護施設などを回っています。

 

介護施設で寝たきりになってしまった方。

お身体が不自由で、あまり外出ができないご高齢の方。

 

こうした方々は、歯医者に行きたいと思っても、自分の意思で気軽に行けないことが多いです。

すると、歯が痛くなっても、歯がぐらぐらしても、我慢して抱え込んでしまいます。

 

また、正しい歯磨きができなくなったり、入れ歯を外してそのままにする方もよく見かけます。

そうした積み重ねで、徐々に虫歯や歯周病を悪化させてしまいます。

 

それを放置したら、いずれ大きなしっぺ返しになってくるのは明らかです。

歯周病や虫歯対策に、年齢も性別も、身体障害も要介護の度合いも関係ありません。

 

子どもからお年寄りまで、健常者から障害者まで、どんな方々にも平等に必要なのです。

訪問診療では何ができるの?

「訪問診療」では、施設やご自宅にいながらにして、治療を受けることができます。

治療器具と薬品一式を持ち運びして、患者さんが指定した先にお伺いします。

 

口の中のお掃除、入れ歯のケア、抜髄、抜歯――。

歯医者でふだん行っている大半のことは、出先でもできます。

 

寝たきりになっても、足腰が弱くなってしまっても、歯は死ぬまで必要です。

いくつになっても、歯のケアを忘れてはいけません。

 

また、きちんと歯をもって、食べ物を噛むことが、認知症の予防にも役立ちます。

むしろ、高齢になればなるほど、健康な歯は必要になってくるともいえます。

 

月曜~土曜の診療時間内なら原則的に受け付けています(予約は必須。日時は要相談)。

歯医者に行きたいけど行けない――そんなときに当院の「訪問診療」を使ってください。

 

寝たきりになっても、足腰が弱くなっても、「訪問診療」を受けて健康な歯を維持しませんか。

こんな患者さんがいらっしゃいました

80歳代の女性。介護施設で寝たきりの生活を送っておられた患者さん。

歯をほとんど失い、食事はほとんど流動食でした。

 

今だから言えますが、ほとんど気力がなく、いつもふさぎ込んでおられました。

こちらが話しかけてみても反応なさらず、会話などほとんどしない方でした。

 

その患者さんに入れ歯を作って差し上げました。

通常の食事ができるようになったわけですが、半月か1か月程度で変化が現れました。

 

食事の時に「おいしい」と答えるようになり、笑顔が見えるようになりました。

何より、ものを噛むと頬の筋肉を動かすので、表情が豊かになります。

 

そして次の訪問の時、髪の毛をセットしたり、口紅をつけられたりするようになったのです。

身だしなみへの配慮が、きっとよみがえったのですね。

 

このように、診療によって歯が健康になると、日常生活の意識が変わります。

それは、若くて健康な方だけでなく、寝たきりの方やお身体が不自由な方でも同じことなのです。

 

そうやって明るい生活を取り戻せるようになることが、私たちの願いであり、仕事です。

お問合わせ

ご相談・ご予約などは、お電話・診療フォームにてお気軽にご連絡ください。