歯科治療を終えた方へ

何度にも及んだ通院を経て歯科治療を終えた患者の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

「もうこれで歯は安心だ」「もう何の心配もない」――そう思っていらっしゃいませんか?

インプラントやラミネートべニアなど、費用を多くかけた歯科治療ほど、そう思う患者さんは多いです。

 

そのような思いがあるなら、今すぐにここで捨ててください。

歯科治療はあくまで「治しただけ」であって、「再発のリスクをなくした」わけではないのです。

 

かけた時間や費用がいくら多くても、油断すると、虫歯や歯周病は容赦なく襲ってきます。

決して油断してはなりません。歯医医院では「治したあとも正念場」なのです。

 

では、その後に虫歯や歯周病にならないようにするためには、一体どうすればいいのでしょう。

「その後」も受けてほしい、PMTCと検診

もちろん、患者さん自身が毎日毎日、正しい歯磨きを実践していただくことは必要です。

関連記事:大人の正しい歯磨き

 

しかしそれだけでは安心できません。

その後も定期的に歯科医院に来ていただき、PMTCと歯科検診を受けることが効果的です。

 

PMTC(Professional Mechanical Tooth Clinic)とは「専門的機械的歯面清掃」のことです。

歯科衛生士が、プロ仕様の機械を使って行う、レベルの高い歯磨きです。

まず歯の表面に重曹を吹き付け、こびりついた色素を落として歯を白くします。

そのうえで、超音波の器具を(場合により手動の器具も)使ってたまった歯垢を落とします。

 

ふだん皆さんは歯ブラシでしか歯磨きをなさらないでしょうから、この効果は抜群です。

歯にこびりついた色素を落としたいと願う患者さんへの、最初のステップとしても使う方法です。

関連記事:色素沈着対策

 

歯科治療が終わってから約2か月後と7か月後にこのPMTCを受けていただきたいのです。

さらに、約5か月後には歯科検診を受けられることをお勧めします。

歯科治療を終えた患者さんの理想的な流れ

■治療終了

   ↓

■約2か月後 PMTC

   ↓

■約5か月後 検診

   ↓

■約7か月後 再びPMTC

歯垢がたまる、それは髪の毛が伸びるのと同じ

歯医者に行くだけで気が重い、もううんざりだ――そう思う方は多くいらっしゃるでしょう。

せっかく歯科治療を終えたのに、どうしてまた定期的に歯医者に通わねばならないんだ、と思われるかもしれません。

 

しかし院長の私は、歯垢というのは、髪の毛と一緒だと思っています。

髪の毛が毎日毎日少しずつ伸びていくのと同じように、歯垢も毎日毎日少しずつたまっていきます。

 

でも髪の毛の場合、皆さんは定期的に理髪店に行って、カットをされるでしょう。

だったら歯垢の場合も、定期的に歯科医院に行って、取り除くということが必要だと思いませんか?

 

虫歯や歯周病というのは、歯石が「増えすぎる」ことが原因となって起こるものです。

(厳密にいうと、正しい歯磨きをしても歯石は少し残りますが、少しくらいなら問題はありません)

 

つまり歯石を「増やしすぎない」ことが、虫歯や歯周病対策として何よりも大事なのです。

それを最も的確にやる方法が、治療後も歯科医院に定期的に通っていただくことなのです。

 

せっかく受けた治療の成果を台無しにしないためにも、定期的に歯科医院へ通っていただけたらと思います。

<これを書いた人>

上田 昭彦(うえだ・あきひこ、Akihiko UEDA)

1955年12月佐賀県武雄市生まれ。いったん理工系の大学に入るも中退し、82年福岡歯科大卒、同時に歯科医師免許を取得。92年歯学博士号を取得(九州歯科大)。同県鹿島市や那覇市での勤務を経て、88年6月に鳥栖市に「うえだ歯科医院」を開き、現在に至る。